mentaruherusu

「いつも元気と幸せを届けてくれてありがとう」「一緒に踏み出す勇気をもらいました」とファンからの声援が相次いでいます。
NHK Eテレの「すくすくナイト」に出演。育児中のメンタルクライシスについて打ち明けました。
「信じられないほど打ちのめされた」。11歳ごろから多くのポルノに触れてきたことを告白。中には暴力的なコンテンツもあり、睡眠中の発作に悩まされたと打ち明ける。
「夢があってもお金がからむと親に反対される」…。 10代の悩みに渡辺直美さんはどう答えたのか?
東京五輪で「心と体を守るため」と途中棄権したシモーン・バイルス選手が「今年のアスリート」に。「メンタルヘルスの問題を、文化的な会話の最前線へと押し進めた」と評価された。
アジア系アメリカ人として暮らす女性。自身の経験から「アジア人コミュニティにおける精神疾患に関する偏見や恥、そして差別をなくしていきたい」と語った。
一部の国では12月7日から、長時間利用した場合に「休憩」を促す機能を導入する。
加工された現実は「エモい物語」として消費され、直ぐに忘れられていく。画面越しの世界に逃避できる時代、誰もが孤独だと認めた時に初めて、僕らはひとつの世界へと還って来れるのかもしれない。
喪失感があっても「人生は続いていきます。生きていかなければなりません」と語った香川さん。「そんな時、私たちを前に突き進めていくものとは何でしょうか」と視聴者に問いかけた。
当時、男性で摂食障害...特に過食症を患うというのは、ほとんど聞くことがなかったのだ。
ADHDの特性があるイラストレーターのぴーちゃんが、発達障害について4枚のイラストでわかりやすく紹介。今回のテーマは「ADHDの私が実践している『ミスしたときのメンタル回復方法』」です。
今、Instagramは若者が安心できる環境作りやメンタルケアの方法をクリエイターと共に考え続けている。誰もが切実に期待する、健全なSNSを作る「ある会議」に迫る。
PRESENTED BY Instagram
所属事務所HYBEでは、BTSが新人の頃からメンタルヘルスケアに力を入れてきた。世界中から注目を集める今も、メンバーはカウンセリングを受けたことなどを率直に明かしている。
「Little Glee Monster」の芹奈さんをはじめ、若者に人気の著名人が相次いで「双極性障害」であることを公表。一体、どんな病気なのか? 日本における双極性障害研究の第一人者である順天堂大学医学部、加藤忠史主任教授に話を聞きました。
10月10日は世界メンタルヘルスデーです。『ウツ婚‼︎』の著者で、現在2人の子どもをワンオペで育てる石田月美さんが「ママのメンタルヘルス」をテーマに寄稿しました。
大手レコード会社のソニー・ミュージックが、カウンセリングなどを無償で提供。コロナ禍で、アーティストの近くで働くスタッフなどから「ケアを充実すべき」との声があがったという。
「心が失われているのは、実はここ20年進行してきたこと。コロナはその事態を表面化させたに過ぎない」。社会に大きな希望がない今、いかに生きることを支える小さな希望を見つけるか。これが令和を生きる僕らの課題ではないか、臨床心理士の東畑開人さんはそう話します。
全米オープン女子シングルス3回戦で敗退。会見で自らの想いを語りました
「私は自分に対して『よくやった』と思ったことがなく、いつも『私はダメだ』とか、『もっとうまくできたはずだ』と思ってしまいます」
オリンピックで途中棄権したシモーン・バイルス選手。体操のスキルを取り戻すために秘密裏に練習した場所がありました