merukerushusho

メルケルの訪日の目的は何だったのか。ドイツは先進7カ国(G7)の議長国であり、6月のバイエルン州エルマウ・サミットに向けた事前調整のためというのが公式の説明だった。
ドイツのメルケル首相と民主党の岡田克也代表との会談が波紋を広げている。メルケル氏は慰安婦問題について「解決すべき」と述べたとされるが、ドイツ政府はこれを否定したのだ。
ドイツでは、福島事故が起きる以前から、市民のエネルギー問題に対する関心が日本よりもはるかに強かった。その理由の1つは、新聞やテレビ局、ニュース雑誌がエネルギー問題や環境問題を頻繁に取り上げたからである。
3月9日から7年ぶりに訪日するドイツのメルケル首相が、ドイツが進めている脱原発政策について「日本も同じ道を進むべきだ」とビデオメッセージで述べ、エネルギー政策の転換を呼びかけた。
「ロシアのクリミア半島併合は、19世紀や20世紀の手法である。ウクライナの主権と国際法を破る行為を断じて受け入れることはできない」。2014年3月14日、ドイツのメルケル首相は連邦議会での演説で、ロシアを非難した。
今年1月27日は、ナチスのアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所をソ連軍が解放してから、ちょうど70年目にあたる。この日を前に、ナチスによる虐殺の犠牲者を追悼する式典がベルリンで行われたのだ。
ドイツ語にはErinnerungskultur(過去を心に刻む文化)という言葉がある。これは、今日のドイツを理解する上で、とても重要な言葉の一つだ。
去年11月9日は、1989年にベルリンの壁が崩壊してから、ちょうど25年目だった。壁崩壊は、その後の欧州を大きく変えた、ドイツ史の中で最も劇的な事件の1つである。
米独首脳は2日、ワシントンで会談し、ウクライナで今月25日に予定される大統領選挙をロシアが妨害すれば、ロシアの主要産業分野を対象とした制裁を追加的に発動するとの見解で一致した。
ネット政党といえばヨーロッパの海賊党(Pirate Party)ということで、数年前から注目を集めている海賊党を「家入ネッ党」のひな形に模する記事もちらほらと出ている。