merutodaun

意図的な隠蔽と評価することは困難とした。
2011年3月12日。東日本大震災による巨大津波の影響で、福島第一原発の一号機が水素爆発を起こしたちょうどその時。実は第一原発から直線距離にして、わずか12キロしか離れていない福島第二原発も、第一原発と同様の危機に直面していました。
皆さんは、米国原子力災害史上最悪規模と言われたメルトダウン事故を起こした、スリーマイル原発の今を知っていますか?そして、カリフォルニアでは1959年の事故以来、半世紀以上に渡って放射能汚染の実態が住民に知らされなかった実験用原子炉のメルトダウン事故があったことをご存知でしょうか?
1945年の3月10日は東京大空襲が行われ、2011年の3月11日には東日本大震災が起きた。どちらも、私たち日本人にとても大きな喪失をもたらした。「過去を振り返らずに明るく前向きに考えるべきだ」という言葉が世間ではよく用いられる。その意味は分かる。それよりも、苦悩に導くような感情や記憶を意識から排除した方が、多忙な日常生活を乗り越えていくためには有用である。しかし、やはり複雑な気持ちになる。
3月6日、筆者ら「ヤフーニュース個人」のオーサーら10人は福島第一原発の内部を取材した。
元NHKの堀潤さんが時とともに風化し、忘却されていく原発事故のことを憂い、忘れてはならない!未来の世代のためにも今しっかりと考え、同じ事故を繰り返さないために叡智を結集し、解決策を見出さなければならないと、渾身の力を込めて製作したのがドキュメンタリー 映画『変身 - Metamorphosis』です。
私は今回の福島原発事故が起きるまでは、安全性に注意していれば原発事故は起きないと考え、政策的にも原発を活用するという方針で取り組んでいました。しかし実際に福島原発事故に総理として直面し、5000万人の避難が必要となるぎりぎりの事態を経験し、考え方を180度変えました。
いまだに続く福島第一原子力発電所をめぐる惨事から、アメリカはどんな教訓を得られるのだろうか。原発専門家や政治家、活動家らが10月8日(米国時間)、ニューヨーク市でシンポジウムを行なった。
福島県久之浜の沖合。ドンという音とともに、漁船「正栄丸」の甲板に多くの魚が水揚げされた。中にはカニや小型のサメも含まれているが、この魚介類は食卓に並ぶことはなく、放射能検査に送られる...