mig-29

ロシア軍機を大量撃墜したエースパイロット「キーウの幽霊」は実在するのか。英紙「タイムズ」は、その正体を3月に戦死した29歳の少佐だと報道しましたが、空軍は公式Twitterで否定しました。
自国の領空を守る上で、西側諸国から一定の保証を受けるという条件で「話し合っている」とヘゲル首相が明かす
ロシアと交戦中のウクライナに戦闘機を提供すれば、ロシアの報復攻撃を受ける可能性があると指摘されていました。