minamiafurika

南アフリカ共和国の反アパルトヘイト運動を導いたノーベル平和賞受賞者、ネルソン・マンデラ氏。2013年年12月5日に亡くなったが、今なお20世紀を代表する指導者として多くの人々の心に刻まれている。
南アフリカ国民が、国民的英雄へ最後のお別れを告げる時が来た。12月15日、5日に亡くなったネルソン・マンデラ元大統領(享年95)の国葬が行われた。
民主主義の終焉を意味しかねない「特定秘密保護法案」が参議院で可決・成立した12月6日、遠い南の国で、一人の英雄が世を去った。南アフリカ共和国のマンデラ元大統領だ。
12月5日に亡くなった南アフリカのネルソン・マンデラ大統領の追悼式がヨハネスブルグ市内のソウェト地区にあるFNBスタジアムで現在行われている。会場は2010年ワールドカップの閉会式が行われたスタジアムで、マンデラ元大統領が公に姿を見せた最後の場所である。
マンデラ。一つの名前。一人の男。一つの使命。それは危機から国家を救うこと。人類史上、国家にこれほどの影響を与え、世界に勇気を与えた人間はほとんどいない。
2013年12月5日のネルソン・マンデラ元大統領の死去は、南アフリカ共和国のみならず世界にとって大いなる損失である、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。
自己流で研鑽を積んで動物の行動を学び「ライオン・ウィスパラー(ライオンと交流できる人)」になったというケヴィン・リチャードソン氏は、上の動画に映っているように、ライオンなどの大型捕食獣を、型破りなやり方で扱ってきた。