minamisomashi

森田知宏君という医師がいる。今回は、彼のことを紹介したい。彼の挑戦は、新しい医師教育の在り方を考える上で示唆に富む。
福島の問題の難しさの一つは、原発問題に関心を寄せるような「意識の高い人たち」と、地元で生活している住民の多くの価値観や感覚とが、大きく異なっていることに由来している。
福島第一原発から北に16km離れた福島県南相馬市の小高区。現在も人が住むことを許されていない地域で、元SEが食堂をはじめた。一体、なぜ? ぶっちゃけ儲かりますか?
福島第一原発事故による避難指示が続く福島県の南相馬市小高区に、ロボット開発の拠点が誕生した。菊池製作所・南相馬工場で3月13日、同社が各大学と共同開発しているロボットたちの成果発表会が開かれた。
世界初の「4本の手を持つ」災害対応ロボットが“Octopus(オクトパス)”が3月13日、福島県南相馬市にある菊池製作所・南相馬工場でお披露目された。2015年度内に同工場で本格的な開発がスタートする。震災のガレキ処理のほか、福島第一原発の廃炉作業などへの応用が期待されている。
原発事故で住民の避難が続く福島県南相馬市の小高地区に、菊池製作所のロボット生産工場が生まれる。同社が、どうやって震災を乗り越えてきたか。なぜ福島でロボットを生産するのか。八王子市内の工業団地にある本社で、菊池功社長に詳しい話を聞いた。
福島県南相馬市の視察に行ってまいりました。桜井勝延市長や、南相馬市議会議員の皆様から伝わってきたのは、「あんたがた、それでいいのか?」という想いでした。
いま、私のいる福島県相馬地方では、急速に高齢化が進んでいる。震災や原発事故の影響で、多くの若い人が避難してしまったからである。
7月半ば、福島第1原発から新たな問題が降ってわいた。原発事故現場のがれき処理から生じた粉じんが、福島県南相馬市などに飛来したというのだ。
「美味しんぼと“三国鼎立”」第3回です。できましたら、私の立場・背景・考え方に目を通していただけるとありがたいです。2013年8月5〜7日、板橋民主党の議員でいわき市・南相馬市・喜多方市の視察に赴きました。仮設住宅に住まう住民に向きあい、被災者同士の断絶に悩み、除染に取り組み、風評被害解消に尽力する、福島の基礎自治体の姿を見てきました。