minnanoto

「次世代の党」に離党届を提出したアントニオ猪木参院議員が、すでに解党した「みんなの党」の所属議員らと新党を結成することになった。
昨日の臨時国会で安倍晋三氏が首班指名を受け、先の総選挙において信が問われたアベノミクスが名実ともに継続されることになった。
みんなの党(解党)の渡辺喜美元代表が政治資金規正法違反容疑などで告発されている問題で、東京地検特捜部が19日、渡辺氏から任意で事情を聴いたことが関係者の話でわかった。
無所属で立つ候補、他党に鞍替えした候補。衆院選公示の日に発祥の地・栃木県を巡り、「みんなの党」のその後を見た。
政党・政治家・政治団体に「しがらみ(結びつき)」はつきものです。応援してくれたら、その勢力のために恩返しをしなければならない...その中で、様々な政策優先順位や予算配分が決定していく。
正直、今このように書いている自分自身が、選挙を直前に控えたとき、あんな狂った目つきになるのかもしれないと考えると、震えるほどの冷たい恐怖を感じています。
11月28日をもって、解党されることが決定した「みんなの党」。自民と民主が政権交代を繰り返す中で、政界の第三勢力として存在感を発揮してきたが雲散霧消することになった。その5年間の短い生涯を写真で振り返ってみると、前代表の渡辺喜美氏の顔ばかりが浮かび上がってくる。
みんなの党は、11月19日に開いた両院議員総会で解党を決定した。党の路線をめぐって、議員同士の意見の隔たりが大きく12月に行われる衆院選に向けて共に行動がするのが難しいのが理由だという。
診療にあたって正確な情報が必要になることや、メールによるオペレーションコストの増大は一定程度理解できますが、公立病院こそ率先的にこうした対応を始めるべきです。
今回の騒動も、政策に起因するものではない。「路線対立」という実に有権者から見れば、くだらない理由からだ。この「路線対立」もとどのつまりが、国会議員が身分を守るために発生したものと断じたい。