minzokujoka

現地オフィスもない国で、フェイスブックは少数民族迫害における情報戦の主舞台として、責任と対応が問われている。
バングラデシュ国境を閉鎖せず、ビルマへの強制送還は行わない
「戦争犯罪から利益を得ている」と、ジョージ・クルーニーは批判している。
「男性、女性、子供、すべての家族、村全体が攻撃され、虐待されています」
旧ユーゴ紛争の最重要戦犯の1人とされる同被告への判決は、東京裁判以来の戦犯法廷として93年に設置された旧ユーゴ国際法廷にとっても節目となる。
ビルマ政府は国連の要求を受け入れ、ロヒンギャ民族ムスリムにビルマ国籍を認めない差別的な法律を改正すべきだと、ヒューマン・ライツ・ウォッチはテイン・セイン大統領に宛てた本日付の書簡で述べた。