mishimayukio

「4作を1つの脚本にできるのかと、最初は正直、耳を疑いました」(東出昌大)
フレディ・マーキュリーは、来日公演があるとかならず“ただいま”と言ってやって来た。
主演のリリー・フランキーのほか、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子が出演。『桐島、部活やめるってよ』(2012年)の吉田大八監督がメガホンをとる。
45歳にしてライフ誌に特集されるほどの有名作家であった三島由紀夫。ある意味で彼に引導を渡したのは私かもしれない。
韓国のベストセラー作家、申京淑(シン・ギョンスク)氏が、日本の作家、三島由紀夫の作品を盗作したという疑惑が指摘された。
危惧されるのは、現代の日本社会でこのようなナルシシズムの成熟が行われる経験の場が得られにくくなっていることである。
戦後の日本を海外で紹介する写真展「戦後日本の変容」では、戦後日本を代表する11名の写真家が撮影した、紙芝居を見つめる子供や、原爆ドーム、松竹歌劇団の踊り子などの戦後日本を象徴するような写真が紹介されている。
「たとえ言いにくいことでも、その人のためになることならば言ってあげるべきだ。」もちろん感謝されることもある。ところが「誠意を持って」忠告をしたとしても、実際にはその人を怒らせるだけで何の意味もなかったばかりか、かえって恨みを買うことにもなりかねない。