mitmediarabo

MITメディアラボは、既存のルールを破ってでも社会を変革する素晴らしい取り組みをした人を表彰する「MITメディアラボ不服従賞」の応募受付を開始した。
彼のような人間の存在無しには、インターネットは活発化していなかっただろうし、もはや私たちが存在を当然に感じている、いくつものオープンな資源もなかったはずだ。
Jiboは2012年創業で、Indiegogoで7400人を超える支援者から約370万ドル(約4.5億円)の資金を集めて注目される米東海岸発のロボット関連スタートアップだ。
ビットコインは通貨のインターネットなのか、という議論が以前から続いている。その議論を一歩進め、もしそうだとすると、社会のプラットフォームとしての可能性は、どう発展させていけばいいのか。
新しいクリエーティブサービスを提供する「ロフトワーク」代表取締役の林千晶さんは、質の良い提案を生むための仕組みは「量を生むこと」だと語る。
ニューヨーク・タイムズが、週明けから伝統の「1面会議」をついに廃止するという。メディアウオッチャー界隈では、この話題で持ちきりだ。
MITメディアラボのChanging Placesグループのプロジェクト「CityHome」は、「200平方フィート(19平方メートル)の部屋を3倍にする」が謳い文句だ。
誰かとあなたの人生を、20日間だけ、交換できたら? そしてそのあとにあるものは?MITメディアラボのグループが開発しているiPhone用アプリ"20 Day Stranger"は、そんな奇妙な体験を提供してくれます。
寄せられた団塊ジュニアの方のメッセージに「子育てはもちろん、そろそろ介護にまわる仲間もいて余裕がない」「長生きするのが申し訳ないという世の中になりそう」といった切実なものがありました。
MITメディアラボ所長が語る、データジャーナリズムの事例と課題、未来とは。