mitsubishijuko

国産初のジェット旅客機「MRJ」の初飛行の模様が、11月11日午前からネット中継される。
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の初飛行日が、11月11日に決定した。
乗降用ドア付近のロングシートに坐ってみると、"下からの眺め"が新鮮だ。
部品の取り寄せに時間がかかり、改修後に動作を確かめる必要もあることから、約2週間の遅れを見込んだ。
将来の国産ステルス戦闘機の試作機となっている「先進技術実証機“ATD−X”」(通称・心神=しんしん)が 2016 年1月にも初飛行する。
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」を、日本航空(JAL)が32機発注する方針を固めた。発注額は定価だと約1500億円になる。2021年から国内線で投入し、離島を除く地方路線で活用する考えだ。
三菱航空機は6月17日、日本初となるジェット旅客機「MRJ」初号機の主翼と胴体をつなぐ「翼胴結合」を終えたと発表した。
ドイツの総合電機大手シーメンスと三菱重工業は、仏重電大手アルストムのエネルギー事業に対し、共同で買収提案を行うかどうか、16日までに検討すると発表した。 11日に発表した共同声明で明らかになった。
韓国における日本の戦時徴用をめぐる問題で、すでに日韓請求権協定において解決済みとする日本政府は、韓国国内の裁判で来年早々に最高裁で敗訴になれば、国際法違反として訴える姿勢を明確にしている。この問題についての読者から寄せられたコメントをまとめた。
政府がトルコと結んだ原子力協定の内容が波紋を呼んでいる。日本側が同意すればトルコが核燃料の再処理を実施できる文言となっており、米国を中心とした核不拡散体制との整合性をめぐって疑問視する声が上がっているのだ。