miyazakikensuke

夏の参院選の前哨戦となる見通しです。
2月12日に記者会見し、事実関係を認めて謝罪、議員辞職する意向を表明した。
メディアで「イクメン議員」と大きく取り上げられましたが…
「とっさにウソをついてしまったこと、大変恥じております」
宮崎謙介・衆院議員(自民、京都3区)は2月12日午前、週刊誌に不倫疑惑が報じられたことを受け、議員辞職する意向を党幹部に伝えた。
2月10日発売の『週刊文春』は「臨月の妻・金子恵美議員を裏切る”ゲス不倫密会”撮!」とする記事を、写真入りで報じた。
僕にはこの幹部が「下がっているのは、あなたと自民党守旧派の評判だよ」というツッコミを期待したブーメランを投げているとしか思えませんでした。
国会会期中に育児休暇を取る意向を表明していた自民党の宮崎謙介衆院議員が、同党の国会対策委員会の幹部から「国会議員全体の評判を落としている」などと注意されていたことがわかった
安倍首相に新年のあいさつをした際に、「それでこそ政治家だ」などと激励された。
これは、単に制度の問題のみならず、日本人の子育てと労働に対する意識の問題であると考える必要があります。