miyoshimachi

吉澤はブログでも地元をたびたび紹介していた
小さな町の広報誌が今年5月「日本一」になった。読まれずゴミ箱行きだった冊子を大改革した、一人の男性職員を取材した。