mokuhyo

誰でも自分の目標を具体的な小さな行動にし継続をすることで、いつまでもできない問題に悩まされずに、目標達成という解決に繋がります。
新しく目標設定する際に、様々な人の生き方を参考にするといいかもしれません。例え全く異なる分野の人であっても、必ず学ぶことがあります。
やる気がなくなって目標が達成できなくなったら、また設定しなおせばよいのです。
どうも最近はあまりプロアクティブに「心が動いていない」ように感じるので、久しぶりのLifehackerの「やりたいこと」「人生」系の記事を読んで、やりたいことリスト作る時間をつくりました。
1日は24時間しかありません。その上限がある24時間をどう使うか、仮で数値を置いて「何ができるか」と、「何ができないか」をイメージしてみてください。
5年後、10年後、こんな人になりたい、こんなキャリアを目指したいと思える人が見つかれば、大きなモチベーションにもなります。
営業の新規開拓はゼロから人間関係を構築する。そういう日々の仕事に安らぎは殆ど無い。
売上を10%伸ばす方法をではなく、売上を10倍にするには会社の仕組みをどうしたらいいのか。
「あきらめたら、そこで試合終了ですよ...?」は、漫画「スラムダンク」で、主人公たちのチームが試合を諦めかけた時、監督が発する言葉である。諦めなければ、可能性は残されている。それを信じさせてくれる物語は多い。むしろ、そうでなければフィクションとして面白くない。成功の秘訣は何ですか?と聞かれ、松下幸之助は言った。「成功するまでやり続けることです」彼は巨大企業を作り上げ、成功した。
あなたのTo-Doリストは、もしかしたらやり方が間違っているかもしれません。やり方のまずいTo-Doリストだと、せっかくリストを作ったとしても、やっぱり混乱の渦に巻き込まれてしまうのです。