moriumiasu

モリウミアスはお陰様で新しいチャプターに入りました。
早いものでモリウミアスも2年目に突入しました。先週は連休に滞在していたこども達と、1歳のお祝いをしました。
いまがあるのは仲間や住民、雄勝に関わる方々とのご縁、なにか不思議な力に引き寄せられたとしか説明できません。偶然のようで必然なのかもしれません。
豚たちが、モリウミアスを初めて巣立ってゆきました。そう、出荷です。
雄勝の人や土地の物語。震災によりまだまだ傷跡が残る町。その町を離れず前を向いて暮らす人々。個々のストーリーが人に響き揺るがす。こども達も様々な思いに感動し、つながりを持っていました。
築93年の廃校に2013年4月から約5,000人が集まり、一緒に作ってきたモリウミアス。今日、7月18日がこども達を受け入れるスタートの日です。
以前、地元の小学校の教員だった方に、外から人が来ると住民が気づいていない「良さ」が浮き彫りにされるという言葉を思い出しました。そんな風を起こすためにモリウミアスは7月にオープンします。
モリウミアスは夏のオープンを目指し、準備が進んでいます。入社式ならぬ入団式を行い、こども達の豊かな学び場を作り続ける新たな仲間が集まりました。
雄勝町の現状。そして夏のオープンに向けて様々な人が関わってゆく様子。そしてオープンした後のモリウミアスについて現地からお届けしてゆきます。
子供たちを呼び込み、都会で経験できない一次産業の「先生」を地元の人が務めれば、雇用も生まれる。地元の食材を提供すれば、農漁業が潤う。震災で過疎と高齢化が加速する雄勝町にとって、地域再生の核になるかもしれない。
東日本大震災で壊滅状態になった過疎の町で、廃校になった小学校を拠点に、農漁業や自然の中での暮らしを都会の子供たちに体験させ、人の交流を通じて地域の産業や共同体を再活性化させようとの取り組みが始まる。