mosuru

写真を見ると、地上部隊が毎日どのように過ごしているか実感できる。
「ISのせいで、私たちの生活は昔に戻ってしまいました」
イラク軍が奪還作戦を開始し、モスルの周辺地域で緊迫した状況が続くなか、激化する戦闘を恐れて避難する人の数は増加の一途をたどっている。
過激派組織ISは6月9日、ネット上でリビア中部のシルトを制圧したという声明を発表した。
過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国)が、イラク北部のモスルで古代文明の石像を次々に破壊する破壊する動画を2月26日、ネット上に公開した。
米軍当局者は19日、「イスラム国」が支配するイラク北部の要衝モスルを奪還するため、イラク政府軍やクルド人治安部隊など計2万─2万5000人を投入する計画を公表
[ベイルート 6日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国(ISIL・ISIS)」は最近、実行支配していたシリア北部の町アインアルアラブ(クルド名:コバニ)で劣勢に転じるなど、組織のほころびが見え始めている。ただ、壊滅するまでには程遠いようだ。
米中央軍のオースティン司令官は、イスラム国が昨年夏に制圧したイラクの都市モスルを奪還するため、米国とイラクが今年の夏までに攻勢に出る準備を開始した、と明らかにした。
イスラム国が本拠地にしているシリアの都市ラッカには、若いイギリス出身女性たちが指揮する、女性だけの「宗教警察」があることを伝えた。