mottohanasoukaradanokoto

過程では何度も躓いたが、自分を諦めなかったこと、多くの方々の助けを得られたことで、回復していったと思う。
「一度も気にしたことはありません。若い頃を除けば」
だんだん体から寒さも痺れも何も感じなくなってきた。向こうの方から暖かい光がやってくる感覚があった。
「みんな完璧じゃないと思うんです。パーフェクトな人なんていなくて、だから、自信がなくても、コンプレックスがあっても、自分を許してあげたらいいんじゃないかなと思います」
プレイメイトは、幾つになってもプレイメイトの心を忘れない。
「自分の体を受け入れて、ようやく夫の気持ちが理解できた」。ボディ・ポジティブな経験にたくさん共感が寄せられています。
アメリカ人女優のクロエ・グレース・モレッツが声優を務めた韓国のアニメーション映画「Red Shoes & the 7 Dwarfs(原題)」が物議を醸している。
『ワガママボディ』『ぽちゃ子』『ぽちゃカワ』『テディさん』…そういった言葉とともに、ぽっちゃり女性に向けて情報発信を続ける雑誌『la farfa』。編集長に、日本人の「痩せ信仰」や国内の「ぽっちゃりシーン」について話を聞いた。
なぜ私たちは、こんなにも「見た目」について悩んでしまうのか?ハフポスト編集部主催のイベントを6月28日(水)午後7:30から東京・南青山で開催します。
「乳房縮小手術を受けたおかげで、体形についての劣等感はとても軽くなりました。