mottohanasoukaradanokoto

「人は誰でも、その人らしい美しさを持っているもの。それが、伝統的な美しさでも、大きくても小さくても、パワフルでも細くても、肌が白くても黒くてもね」
ダイエットに、「義務感」ではなく「ワクワク」を。
「ビキニを着て、微笑みましょう。
「写真を修正したって幸せにはなれない」モデルのイスクラ・ローレンスは、完璧を目指さないで欲しいと伝える。
アラフォー産婦人科女医、宋美玄です。色んなメディアでたくさんの美しい人たちと一緒にしれっと出させていただいてきましたが、外見はずっとコンプレックスなのであります。
「女性が、サイズからいじめを受けているような気持ちになってはいけない」
有村架純が縦割れの美しき腹筋姿をInstagramで披露した。「デビュー当時は、無理な減量でかなり痩せました」ブログでの告白から約半年後のことだった。
大学4年生になった春。「過食症」という摂食障害を6年抱えていた当時のわたしが、この病気と本気で向き合おうと決めた日だ。あの日から、ちょうど2年。今年の春、わたしは大学を卒業した。
多様性を伝えようとしたけれど…「どのボトルも自分じゃない」。
私たちはこのカラダへのプレッシャーとどう戦っていけばいいのだろうか。