mric

「コロナの可能性があるね」。医師の一言で、救急隊員の対応が変わった。そして何より病院側の対応が変わったように感じた。
所得格差と、「医師=万能」という誤解が医師と村民を分断する
日本学術会議は、本年(2013年)8月30日、「全員加盟制医師組織による専門職自律の確立-国民に信頼される医療の実現のために」というタイトルの報 告書を公表しました。法律によって「全員加盟医師組織」を作り、「専門職自律(プロフェッショナル・オートノミー)」を確立し、「国民に信頼される医療の 実現」を図ろうとするものであると謳っています。
11月16日(土)に、香川県高松市内で、医療従事者を対象とした医療法務セミナー(医療事故調査制度の在り方とその対応について。主催・セイコーメディ カルブレーン株式会社、後援・株式会社幸燿)が開催された。
国際的な拡がりのある疑念を押し切って法案を成立させれば、特殊な国家とみなされ、国益を損ねかねません。慎重に審議を尽くして、適切な修正を加え、疑念を払拭する必要があると思います。
子宮頸がん予防ワクチン接種後に重篤な副反応が相次いで報告されたため同ワクチンの接種勧奨を中止している問題で、厚生労働省は10月28日に2回目の副 反応検討部会を開催し、引き続き積極的な勧奨を差し控えると決定した。
私がどのようにして、集中状態に入っていくのか。絵を描く前、二時間程、音楽を聴いたり、体を動かしたりしていきます。しばらくすると、全身全霊で全てと繋がっているような、意識の奥へ、奥へと入る感覚になり、皆さんや、生きとし生ける全てが愛しい。溢れんばかりの思いが、全身からでてまいります。
とある大学病院の血液内科で勤務すること7年が経過し、移植もずいぶん上手にできるようになり、3人の子供を授かった家庭は自分では円満と思っていたのですが、前妻にとっては苦痛の年月であったらしく、突然の告白がありました。「恋人がいます、子供を連れて出て行きます。」
星槎大学・星槎グループでは、震災直後から、福島県南相馬市・相馬市公立小中学校の子ども達のための、カウンセリングをはじめとする「学習支援」を継続しています。学習支援には、もちろん音楽などのアート面での支援も含まれますが、今回星槎の一員として、そしてバイオリニストとして、福島県南相馬市の小高 中学校で、昨年度に引き続き、音楽授業に2度目の参加をさせて頂きました。