Mt. Gox

経営破綻した仮想通貨ビットコイン取引所「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」(東京・渋谷)に対して集団代表訴訟を起こしていた米国とカナダの債権者らは、マウント・ゴックスが所有するビットコインを取得することなどで和解した。債権者らは、サンロット・ホールディングスのマウント・ゴックス買収計画に支持を表明した。
経営破綻した仮想通貨ビットコイン取引所「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」の小林信明保全管理人は16日、東京地裁が同社による民事再生手続きの申し立てを棄却したため、会社を清算する破産手続きに入る見込みだと明らかにした。
WSJは投資家グループが経営破綻した仮想通貨ビットコイン取引所マウントゴックスを1ビットコイン(約400ドル)で買収することを模索していると伝えた。
倒産したオンライン通貨取引サービスMt.Goxによると、同社はデジタルウォレットに20万ビットコインがあることを確認した。
経営破綻した仮想通貨ビットコインの主要私設取引所マウント・ゴックス」の運営会社(東京都)が、アメリカ・テキサス州の裁判所にアメリカ連邦破産法15条の適用を申請した。損害賠償を求める集団訴訟を回避し、アメリカにある同社の資産を保全することが目的とみられる。
複数の匿名ハッカーがMt.Gox CEO Mark Karpelesのブログを書き換え、顧客データのダンプリストをアップロードした。同サイトにアカウントを持つユーザーによると、内容は正確らしい。Redditのあるユーザーが、匿名化したアカウント残高のExcelシートを作った[ミラーサイト]。
大手取引所「マウント・ゴックス」が破綻しても、ビットコインに著名投資家や一般利用者のマネーは流れ込み続ける。ビットコインは、その特徴から「通貨のインターネット(Internet of Money)」と呼ぶ人々もいる。
仮想通貨「ビットコイン」の取引所である「マウントゴックス(Mt.Gox)」が2月28日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。会社の経営トップらが28日に記者会見し、明らかにした。
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の最大手の取引所「マウント・ゴックス」(東京都渋谷区)に対して、アメリカ・ニューヨークの連邦検察が召喚状を出した。
今月に入り、電子マネーのビットコインが、かなりややこしいことになっている。世界有数の取引所、東京・渋谷の「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」が25日から機能停止に陥っているというのだ。