mujinki-kokurenjinkeniinkai

対テロ作戦などで殺人ロボットの開発が進んでいることに懸念が高まるなか、国際的な人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」が10月21日、開発に歯止めをかけるよう各国の協議をうながす声明を出した。
兵士に代わって敵を殺傷する「殺人ロボット兵器」のありかたについて、国連人権理事会で討議される事になったというニュースが報じられている…