muraokahanako

吉高由里子主演のNHK連続テレビ小説「花子とアン」が、9月27日に最終回を迎える。19日には平均視聴率が関東地区24.5%を記録(ビデオリサーチ調べ)。
年末のNHK「紅白歌合戦」で、朝ドラ「花子とアン」に出演中の女優・仲間由紀恵さんが司会役を打診された、というニュースが流れました。それに対して仲間さん側は、「ヒロイン役の吉高由里子さんとの"司会共演"を希望したい」と返したのだとか。
吉高由里子主演のNHK連続テレビ小説「花子とアン」のスピンオフドラマ「朝市の嫁さん」が完成した。ヒロイン村岡花子の幼なじみ、朝市(窪田正孝)の結婚物語が描かれ、10月18日午後7時30分からBSプレミアムで放送される。
ドラマのモデルとなった村岡花子さんが50年間にわたり暮らした東京都大田区が9月13日、彼女の素顔に迫るシンポジウムを開催。花子の孫で「花子とアン」の原案の作者である作家の村岡恵理さんと翻訳家の村岡美枝さん姉妹が、村岡花子の思い出を語った。
NHK連続テレビ小説『花子とアン』(月~土曜 前8:00 総合ほか)が26日、神奈川・緑山スタジオでクランクアップを迎えた。
吉高由里子が主演するNHK連続テレビ小説「花子とアン」。第19週「春の贈りもの」は、8月7日の放送が関東地区で番組平均世帯視聴率が25.3%(ビデオリサーチ調べ)を記録するなど視聴率は好調だ。
吉高由里子が主演するNHK連続テレビ小説「花子とアン」。7月5日の放送が関東地区で平均視聴率が25.9%(ビデオリサーチ調べ)を記録するなど視聴率は好調だ。
吉高由里子が主演するNHK連続テレビ小説「花子とアン」。番組平均世帯視聴率は23.1%(ビデオリサーチ調べ)を記録し、放送開始から11週連続で21%を突破するなど、視聴率は好調だ。
NHK連続テレビ小説「花子とアン」の主人公のモデルとなった翻訳家の村岡花子さんと、「赤毛のアン」の原作者・モンゴメリの貴重な資料を集めた展示会「モンゴメリと花子の赤毛のアン展」が5月21日、東京・銀座の三越日本橋本店で開催された。
吉高由里子が主演するNHK連続テレビ小説「花子とアン」。4月11日には、関東地区で平均視聴率23.5%(ビデオリサーチ調べ)を記録するなど、視聴率は好調だ。