myanma-gunjiseiken

ビルマ(ミャンマー)で、ソーシャルメディアの一つであるフェイスブックに軍部を批判する投稿をしただけで逮捕され、有罪判決を受けるという事件が起きた。
ミャンマーのアウンサンスーチー氏は、何百万人の人々が初めて選挙権を行使する歴史的選挙で対立勢力を破った。
ミャンマーのテイン・セイン大統領は、ミャンマーの民主主義への移行を支援するため、軍は政治における役割を維持するとした上で、いずれ文民統治に移行するとの認識を示した。
ミャンマーが外国銀行に対して門戸を開いたが、金融の安全網はぜい弱で貸し付けは厳しい規制を受けており、今のところ温かい歓迎を受けたとは言い難い。