myujikkuserapi

残念ながら、日本では何でもかんでも音楽療法だという傾向があるようです。
日本でも注目を浴びている『音楽療法』。ハワイの音楽療法について、山浦和美さん (米国音楽療法教会認定音楽療法士)に話を聞きました。
日本国内では音楽療法そのものが理解されておらず、その効果も認識されていませんが、アメリカでは確立された専門分野として近年注目されています。
25歳だった私にとって、死は遠い存在だった。死はいつか訪れるものだということは漠然とわかっていたが、あくまでもそれは、祖父母や両親など、「他の人」に起こることであり、自分にも訪れるという実感はなかった。
アメリカのホスピスで音楽療法士として働くあいだ、戦争を経験した多くの人々に出会った。私にはもう一人、忘れられない人がいる
昨年の暮、2014年で印象に残った6つの言葉という記事が好評だったので、今回は2015年上半期で印象に残った言葉をご紹介します。
音楽療法は臨床やエビデンス(科学的証拠)に基づいた療法で、欧米では多くのエビデンスが出ています。しかし、エビデンスが出しにくい療法であるということも事実。
先日、「治療家のお仕事Magazine」で、音楽療法の特集を組んでいただきました。3回にわたるインタビュー形式で、皆さんからよくあるご質問にお答えしました。
音楽療法士と患者さんとの「関係性」。まさにそれが、音楽療法において最も大切なことなのです。
もっと音楽療法について知りたい方のために、今日は皆さんからよくある7つの質問にお答えします。