nagasaki-genbaku-69nen

長崎市中心部に原爆が投下されてから69年となる8月9日の「原爆の日」、長崎市の平和記念公園では平和祈念式典が開かれ、原爆が投下された午前11時2分に参加者が黙禱、約7万人の犠牲者の冥福を祈った。
長崎市では8月9日、原爆投下から69年となる原爆の日を迎え、市内の平和公園で市主催の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開かれた。今年の式典では、原爆を投下したアメリカのケネディ駐日大使が初めて出席したほか、これまでで最も多い51の国と地域の代表が出席した。