nagasaki

「あんまり大きくて、思わずにやけた」と寄贈先の水族館職員。
この後は、九州北部や関東南部で次々と開花する予想です。
背中一面に大やけどを負った谷口さんは、入院中に撮影された赤い背中の写真とともに、国内外で核兵器廃絶を訴え続けた。
保存運動をしていた元市議「人類の愚かさを教えてくれるものだった」