naibuhibaku

原子力規制委員会の田中俊一委員長は「想像を絶する事態。コメントするのも嫌」などと再三にわたって苦言を呈してきた。
ひらた中央病院では、東京電力福島第一原子力発電所の事故から5年が経過するのに合わせ、これまでの内部被ばく検査結果を公表しました。
福島の3病院に導入された内部被曝量検査機による2700名規模の乳幼児の検査の結果、全員から放射性セシウムは検出されませんでした。
福島第一・第二原発の事故で漏れ出た放射線をめぐり様々な解釈があるなか、子どもに指導する立場として放射線をどうとらえ教えていくのか。先生方に放射線のリスクを生徒にどう伝えているのかお話を伺った。
NPO法人免疫療法支援する会の内部被曝検査ステーション(協賛 千本桜クリニック)にてホールボディーカウンターを使った内部被曝検査をしてきました。
風評被害に関して、幾つかの原因が議論されている。不安に影響するのは地元紙の購読であったという。「県は国からの復興予算を獲得するために被害をアピールせざるを得ない」状況で、地元紙は県の発表をそのまま報じることが影響するという。まさに、構造的問題だ。どうやって対抗すればいいだろう。
茨城県東海村の加速器実験施設「J(ジェイ)―PARC(パーク)」の原子核素粒子実験施設で放射性物質が漏れ、研究者らが被曝(ひばく)した事故で、高エネルギー加速器研究機構と日本原子力研究開発機構は26日、新たに研究者ら24人が被曝していたことがわかったと発表した...