nakamuraichie59389

アニメ、マンガ、日本的な文化が、世界から評価されているのだとするとチャンスのはずだが、政府のコンテンツ政策はどう議論されていて、なにが課題なのか? 慶應義塾大学教授の中村伊知哉氏に『コンテンツと国家戦略』(角川EPUB選書)を書かれた背景を聞いた。
くわっ ついに・・・本当に始まるのね?「V-Lowマルチメディア放送開始!!」という刺激的な1面広告。CEATECに足を運ぶ業界人はニヤリとするかもしれませんが、一般には何のこっちゃわからんCMでしょう。V-Lowマルチメディア放送というのは、地デジが整備されてテレビ局が引っ越したアナログ周波数の跡地のうち、VHFの低い(Low)ほうを使って新しい放送サービスを展開するものです。
「有吉ゼミナール」という日テレの新番組記念スペシャルに出演しました。テーマは、「炎上芸能人で学ぶ炎上儲けのからくり」。炎上のトラブルが深刻化していますが、炎上を逆手に取ってもうけたり、知名度を上げたりしてやろう、という芸能人の生態をえぐります。
青木昌彦先生はじめスタンフォード大学のみなさんと、中国、インド、シンガポール、マレーシアらからの参加を得て、デジタルメディア、特にインターネットが国際社会に与える影響について議論しました。ぼくもスタンフォード日本センターからのご縁でテーブルに着きました。
2013年10月11日、慶應義塾大学KMDポリシープロジェクトのニコ生番組「それでもクールか!?」。稲田朋美クールジャパン戦略担当大臣、ホリプロ堀義貴社長とぼくです。ちょいとかいつまんで、レポート最終回。
2013年10月11日、慶應義塾大学KMDポリシープロジェクトのニコ生番組「それでもクールか!?」。稲田朋美クールジャパン戦略担当大臣、ホリプロ堀義貴社長とぼくです。ちょいとかいつまんで、レポート第4回。
一概に日本のコンテンツ産業は衰退していると思ってしまうと、とても未来は無いように見えてしまう。そこから一番日本の技術というか、そこまでこだわるかっていうものがあるから世界中でウケているんで、そのこだわりをもってすれば、マネタイズの仕方はあるんじゃないかと思います。(ホリプロ堀義貴社長)
2013年10月11日、慶應義塾大学KMDポリシープロジェクトのニコ生番組「それでもクールか!?」。稲田朋美クールジャパン戦略担当大臣、ホリプロ堀義貴社長とぼくです。その模様は以下のURLでご覧いただけますが、ちょいとかいつまんで、レポート第3回。
クールジャパンという言葉が生まれて10年。政府、内閣官房に知財本部が置かれて、これも10年になるんですね。政府はそのコンテンツの政策を推進してコンテンツ立国の旗を掲げています。しかし、国内のビジネスに目を転じると非常に苦しい状況にあります。
銀行員が起業したり、メーカから大学院に進んだり、インフラ会社からNPOを起こしたり、役人から出馬したり、周りにはそんな知人が多いけど、結果うまく行ってる例は多くありません。
デジタル教育には「創造」「共有」「効率」の3メリットがあり、弊害は「ない」というのがぼくの主張です。結局のところ、これに対する反対派の主張、導入を阻止する論拠っていうのは何なんでしょう。それがぼんやりしていて、反論しにくい状況です。
3年前、デジタル教科書・教材協議会(DiTT)を立ち上げたころ、ずいぶん批判も浴び、議論し、対応したものですが、しばらく止んでいたと思ったところ、具体的なコストイメージが登場したからでありましょう、また同様の議論がぶり返してきました。
佐賀県の県立高校で、来年度に入学する1年生全員が購入する予定のタブレット代のうち、生徒の自己負担額が一律5万円になるということが明らかになった。しかも、紙の教科書代は別途必要だという。
どうでしょう。wifiタブレット+アプリ+サポートのセットを年1万円でリースする。1台1万円で売り切るのと違って、通信会社が提供するようなサービスモデルで、設計することはできないでしょうか。通信会社様、メーカ様、アプリ会社様、教材会社様、リース会社様、商社様。
みんなの底上げは、教育の領域です。でもウルトラな「ひとり」を生むにはどうすればいいんでしょう。ウルトラな「ひとり」がフルスイングできるようにするにはどうすればいいんでしょう。対策はあり得るんでしょうか。
ウェザーニューズ。お天気放送局です。いや、放送局じゃないですね。メディア企業と呼ばなければ。日本型のメディア融合モデルであり、スマートテレビの観点からも注目される世界的なスタイルだと思います。なぜか。ポイントは3つあります。
韓国の新政権はIT政策や科学技術を統括する「未来創造科学省」を置いた。国民を何で食べさせるかを端的に示している。日本もクールジャパンで文化立国を推し進めるため、文化、知財、ITに関する政策を束ねて「文化省」を作るぐらいの一体性と本気度を見せられないものだろうか。