nanminmondai

難民申請をしたイラン人の友だちを、助けたい。
フランスのジェラール・コロン内務相が、8月6日掲載の仏紙「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」のインタビューに答え、政府の難民政策の方針を明らかにした。
難民支援は出口の見えない状況です。
英国政府は3月29日に欧州連合に離脱の意思を通知した。
パキスタンで長老と呼ばれるアフガン難民のソバット・ハーンさんは、「アフガニスタンに帰るなんて自殺行為だ」と断言します。
最高裁まで争って敗れる可能性や、法廷闘争に時間がかかる可能性に備えたものとみられる。
「イスラム教のような特定の信仰や出身国を理由に、全員に疑いをかけることは正当化できない」
「イエーツ氏は司法省を裏切った」
「アメリカ各地で行われている抗議デモの盛り上がりに勇気付けられました」
「これは私たちがアラブ世界で見てきたことです」
欧米のメディアや一部の活動家の間でも誤解が見られる。
かつての日本は、杉原千畝という官僚を輩出できるような立派な国であったはずです。
両候補の意見は真っ向からぶつかり合った。
2017年1月に就任する次の国連事務総長に、元ポルトガル首相のアントニオ・グレーテス氏が選ばれることが確実になった。
マララ・ユスフザイ「ニュースの映像をみて思う。あのふんだんな銃や武器。あれを供給しているのは一体誰なのか、誰が金を出しているのか」
難民を受け入れる準備ができていないと言う人がいますが、それではいつになったら準備ができるのでしょう...
どれだけ人道支援をしても、どれだけ難民を受け入れても根本的な解決にはつながりません。
92年以降、90年代末前後のコソボ難民のケースを除いて、難民が減ったのは、ヨーロッパ周辺で目立った民族紛争が収まった要因が強いと思います。
社会統合に失敗したとよく言われますが、実態はどうだったのでしょうか?
欧州を揺るがす難民問題。ドイツ中部の小さな町で、20年以上にわたり難民支援を続ける女性がいる。彼女も、かつて愛のために国を捨てた「難民」だった。