nanminmondai

欧米のメディアや一部の活動家の間でも誤解が見られる。
かつての日本は、杉原千畝という官僚を輩出できるような立派な国であったはずです。
両候補の意見は真っ向からぶつかり合った。
2017年1月に就任する次の国連事務総長に、元ポルトガル首相のアントニオ・グレーテス氏が選ばれることが確実になった。
マララ・ユスフザイ「ニュースの映像をみて思う。あのふんだんな銃や武器。あれを供給しているのは一体誰なのか、誰が金を出しているのか」
難民を受け入れる準備ができていないと言う人がいますが、それではいつになったら準備ができるのでしょう...
どれだけ人道支援をしても、どれだけ難民を受け入れても根本的な解決にはつながりません。
92年以降、90年代末前後のコソボ難民のケースを除いて、難民が減ったのは、ヨーロッパ周辺で目立った民族紛争が収まった要因が強いと思います。
社会統合に失敗したとよく言われますが、実態はどうだったのでしょうか?
欧州を揺るがす難民問題。ドイツ中部の小さな町で、20年以上にわたり難民支援を続ける女性がいる。彼女も、かつて愛のために国を捨てた「難民」だった。