narasentankagakugijutsudaigakuindaigaku

花を咲かせる植物ホルモンのフロリゲン(花咲かホルモン)が葉で作られたあと、花芽を作るために茎の先端に移動して働く過程を可視化することに、辻寛之助教らが成功した。
ナス科の園芸植物であるペチュニアの非自己認識システムに関わる遺伝子の全容を解明した。
「光る花」を蛍光タンパク質の遺伝子組換えで作製するのに、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)花き研究所(茨城県つくば市)の佐々木克友(ささき かつとも)主任研究員らが初めて成功した。