neitibukokoku

ハフポスト日本版では、林氏のジャーナリスト経験を生かし、まったく新しいネイティブ広告の企画制作に取り組んで参ります。
「BuzzFeed(バズフィード)日本版」が1月19日にローンチした。
ピースでこんな成功をおさめるというのは、率直にいって気分のいいことではない。予想もしていなかったことだが、想定しておくべきだったのだろう。
てっきり編集記事と思って読んでいると、実はそれは広告であった。そのような時に、騙されたと落胆する消費者が米国で少し目立ってきているようだ。
NYタイムズの広告部門「T Brand Studio」とChartbeatが2014年のNYタイムズのブランドコンテンツに関する調査をまとめたようです。
どのような可能性も排除しない、という世界に私たちはいる。いかなる選択肢、あらゆる選択肢を追及したい。
『TOmagazine』。つい最近発売されたばかりの墨田区特集号も読みました。自分が住んでいない区について独特のアングルで切り取られるディープな内容が好きなのですが、今回はメディアのトピックが掲載されていたのでご紹介します。
ニュースサイト「BuzzFeed(バズフィード)」がはじめてテレビCMを打ちました。スーパーボウルのテレビ中継のなかで流れたもので、ペットフード「ピュリナ」のブランド広告です。
先日、スマートニュースが事業戦略発表会を開催しました。そのなかで「SmartNewsと米国メディア責任者が語る最新メディア動向とジャーナリズム」というセッションがありましたので紹介します。
今年7月、日本におけるネイティブアドの本格的な普及を見据え、「JIAAネイティブアド研究会」が発足された。インターネット広告推進協議会(JIAA)事務局長の長澤秀行氏は、ネイティブアドが注目される背景について、次の3つを挙げる。