nekodamashi

横綱らしからぬ取り口にあきれる一方、栃煌山の"無心"に疑問を持つ。
北の湖理事長の急逝に哀悼の意を表するとともに、今の大相撲人気が末永く続くことを願ってやまない。
それってご都合主義そのもので、人の道を外していませんか。
大相撲九州場所で11月17日、横綱の白鵬が奇手「猫だまし」で栃煌山に勝ったことに賛否両論が出ているが、白鵬と同じくモンゴル出身の元横綱・朝青龍は同日、「猫ふんちゃた?(ふんじゃった?)」などと、日本人力士のふがいなさを嘆く一連のツイートを投稿した。