nenkinunyo

ロボ・アドバイザーは、今まで年金運用やラップ口座などで蓄積した技術やノウハウをシステム化したサービスと筆者は考えています。
日本銀行は21日の金融政策決定会合で、これまでの大規模な金融緩和の枠組みを見直すことを決めた。
年金運用は長期的な視点で行われるべきであり、短期的な株価の値下がりに大きく影響を受けることは避けるべきであろう。
10年、20年、30年間に亘って日本株に投資した場合に、どのような成果になるかを試算した。
国民が将来受け取る年金を本気で守ろうとするのならば、足元の運用成績に一喜一憂するのではなく、根本的な制度のあり方に早期に手をつけるべく、議論することだろう。
2015年度の公的年金等の運用成果について、様々な憶測が報道や政界を賑わせはじめている。
4月7日、TPPの審議が衆議院のTPP特別委員会で始まり、野党のトップバッターとして質問に立ちました。
株価が下落して、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用が悪化したときは、年金の給付額が減額されることがあり得るのか。
日経平均株価は今年に入って約20%下落し、15日は1万6000円台に戻ったものの、今後も中国経済の行方など予断を許さない状況だ。
放っておくと立ち行かなくなる年金資金について、株式で運用せずにどう対処していくのか?是非、代替案を示して欲しい。