neparu-jishin

先月25日に大地震に見舞われたネパールで12日、マグニチュード(M)7.3の地震が発生した。ネパール、インド、中国チベット自治区を合わせた死者数は少なくとも66人に上っている。
ネパールの東部で日本時間の12日午後4時5分ごろ、マグニチュード7.3の大きな地震があり、首都カトマンズでは4月の地震で亀裂が入っていた建物が崩れるなど新たな被害が出ているという。
ネパール内務省は1日、同国の大地震による死者は6204人、負傷者は1万3924人に達した、と明らかにした。
ネパールを襲った大地震で、生後5カ月の赤ちゃんが、倒壊した建物の中に埋まりながらも生き延び、22時間後に助けだされたことがわかった。
ネパールを襲った地震発生からから5日たった4月30日、倒壊した建物のがれきの中から、15歳の少年が救出された。ネパールの救助隊員は「奇跡としか言いようがない」と話したという。
4月25日にマグニチュード7.8の大地震が襲ったネパールの首都カトマンズで、発生から5日後にあたる127時間ぶりに、倒壊した建物からクリシュナ・デヴィ・カドゥカさん(23)が救出された。
2015年4月25日にネパールを襲ったマグニチュード7.8の地震で大きな被害が出ています。 各国はネパールへの救援と、自国民保護にのり出しています。
死者4000人超えた、ネパールの大地震。その瞬間を観光のため訪れていたトルコ人カップルが撮影した。
地震発生から1日後の26日にドローンでカトマンズ上空を撮影した動画が公開された。
AFP通信のカメラマン、ロベルト・シュミット氏がエベレストのベースキャンプで雪崩が発生した戦慄の瞬間を捉えた。