neruson-mandera

2月11日付の産経新聞に曽野綾子氏のコラム「労働力不足と移民」が掲載されました。コラムでは、人種別の居住区を推奨し、移民の労働力を搾取することを提言する旨が書かれていました。
南アフリカのネルソン・マンデラ。アメリカのキング牧師とローザ・パークス。人種差別と闘った英雄たち。
2013年12月に“95歳”で逝去した元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラが書いた「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」を実写化した伝記ドラマ。南アフリカの有名な人種隔離政策「アパルトヘイト(Apartheid:アフリカーンス語で分離・隔離)」に挑む政治闘士から南アフリカ共和国の大統領となった彼が歩んだ正に波瀾万丈の人生を、重く映画化。
南アフリカ共和国の反アパルトヘイト運動を導いたノーベル平和賞受賞者、ネルソン・マンデラ氏。2013年年12月5日に亡くなったが、今なお20世紀を代表する指導者として多くの人々の心に刻まれている。
元南アフリカ大統領の故ネルソン・マンデラ氏の大彫像の耳の穴に、ウサギの像が政府に内緒で彫られていることがわかった。製作者はウサギの像を彫った理由を次のように述べている。
獄中のネルソン・マンデラが、アパルトヘイトに反対する世界的な運動の顔となっていたころ、南アフリカではマンデラの写真を公開することが禁止されていたため、国民は彼がどんな姿をしているかよく知らず、神話的なイメージを作り上げていったと作家ウィリアム・グメデは述懐します。
南アフリカ国民が、国民的英雄へ最後のお別れを告げる時が来た。12月15日、5日に亡くなったネルソン・マンデラ元大統領(享年95)の国葬が行われた。
12月5日に亡くなった南アフリカのネルソン・マンデラ大統領の追悼式がヨハネスブルグ市内のソウェト地区にあるFNBスタジアムで現在行われている。会場は2010年ワールドカップの閉会式が行われたスタジアムで、マンデラ元大統領が公に姿を見せた最後の場所である。
マンデラ。一つの名前。一人の男。一つの使命。それは危機から国家を救うこと。人類史上、国家にこれほどの影響を与え、世界に勇気を与えた人間はほとんどいない。
2013年12月5日のネルソン・マンデラ元大統領の死去は、南アフリカ共和国のみならず世界にとって大いなる損失である、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。
南アフリカ大統領府は23日、ネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体について「危篤」と発表した。マンデラ氏は昨年12月以降、入退院を繰り返しており、今月8日に緊急入院していた...