netaniyafushusho

今年の国連総会で話題を集めたのは、中国主催の南南会議(途上国同士の協力を推進する会議)とアメリカ主催の(いわゆる「イスラム国」)と戦う有志連合の会議だ。
12年の月日を経てようやく今年7月14日にまとまったイラン核合意。159ページにも及ぶこの合意について、わかりやすくおさらいしてみたい。
ウクライナ情勢を巡るロシアとの関係悪化や過激派武装勢力「イスラム国(ISIL)」の台頭をはじめとして、現在、オバマ政権は非常に困難な外交案件を抱えている。
イスラエルのネタニヤフ首相は28日、パレスチナ自治区ガザでの衝突長期化に向けて準備を進める必要があると表明、イスラム原理主義組織ハマスとの衝突が早期に終わることへの期待が遠のいた。
イスラム原理主義組織ハマスが実効支配するパレスチナ自治区ガザでは23日も、イスラエル軍とハマスの戦闘が続いた。 イスラエル入りしたケリー米国務長官は、パレスチナ自治政府のアッバス議長、国連の潘基文事務総長、イスラエルのネタニヤフ首相と会談。
イスラエルのネタニヤフ首相は17日、イスラム原理主義組織ハマスが実効支配するパレスチナ自治区ガザへの地上戦を開始するよう軍隊に指示した。 首相府が声明を発表した。
パレスチナ自治区のガザ地区を支配するイスラム原理主義組織ハマスの軍事部門カッサム隊は15日、エジプトが前日に示したと報道された停戦案を拒否した。公式ウェブサイトで表明した。
イスラム原理主義組織ハマスが実行支配するパレスチナ自治区ガザからロケット弾が7月9日、イスラエル南部ネゲブ砂漠にあるディモナ原子力センターに対して発射された。