nettosenkyo

ネット選挙より、どぶ板選挙が勝利の秘訣?自民党の石破茂幹事長は13日、都内で開かれたネット選挙解禁についてフォーラムで「握った手の数しか票は出ない、歩いた数しか票は出ない、というのはこれから先も真理」などと述べ、ネット頼みの選挙戦について疑問を投げかけた...
ヤフーのブログに無断で写真が掲載され著作権が侵害されたとして、札幌市の写真家がヤフー側に発信者の情報を開示するよう札幌地裁に求めた訴訟があり、地裁の和解案に応じてヤフー側が発信者情報を開示していたことがわかった。朝日新聞デジタルが報じた...
インターネット選挙運動の解禁によって、誹謗中傷から捏造、なりすまし、人気投票の懸念など取りざたされ、過保護なほどに心配されていますが、こういったことも選挙のうち。語弊はあるけれど「けっこうじゃないですか」と割り切ったらどうでしょう。
参院選が目前に迫っている。インターネットでの選挙運動(ネット選挙)が解禁される初の国政選挙ということもあり、選挙のために、FacebookやTwitterなどを新たに立ち上げる候補者も多くいるようだがトラブルも起こっている…
インターネット選挙を使った選挙活動が解禁となる7月の参院選に向け、ツイッター社は21日、各政党の公式アカウントがすべて認証されたと発表した...
ネット選挙というテーマについて興味深いのは昨年のアメリカ大統領選。投票日だけで3100万ツイートが行われた( ツイッター日本法人・近藤氏)…
国会議事堂を背景に、大きく「解禁」の文字が書かれた紙を掲げて笑う若者たちの写真。  彼らは、インターネットを利用した選挙を可能とする公職選挙法の改正を呼びかけてきた「One Voice Campaign」(ワンボイスキャンペーン)の中心メンバーだ。  ほとんどが20代。帽子にデニム、サンダル履きという思い思いの格好で、4月19日、国会に乗り込んだ。「インターネット」と網の「ネット」をシャレたつもりで持ってきた虫取り網は持ち込めなかったが、この日、改正案が無事に可決されるのを傍聴席で見届けた。
ネット選挙の解禁は必然だったと言える。ただし各党ともネット選挙解禁で自党に有利になるはずと甘い夢を見て浮かれていたのか、その方法について十分な検討がなされた気配が感じられない。
ハフポスト、いよいよ日本上陸――。「ザ・ハフィントン・ポスト日本版」のオープンを記念するイベントが7日、東京都内で開かれる。「ザ・ハフィントン・ポスト」の創始者アリアナ・ハフィントン氏や日本版編集長の松浦茂樹氏らが、ハフポスト日本版のねらいや特徴、アジアで初めて開設する意義などについて意気込みを述べます。