New York Times

止まらない感染拡大。アメリカのフロリダ州は1日の新規感染者数が9500人を超え、再び経済活動制限へと踏み切った。第二波への恐れがある中、アメリカのメディアでは、亡くなった方々を実名で人となりを明らかにして悼む動きが活発だ。
ロイター通信社も Bloomberg、New York TimesとWall Street Journalと同じように中国からブロックされた。
2014年、ニューヨーク・タイムズにおいて、どんな記事が多くの訪問数を記録したのか。そんなことを知ることができるデータが公開されていました。
中韓は安倍首相と会うべきだ――。安倍首相の靖国神社参拝を受けてニューヨーク・タイムズは12月26日、これ以上日中韓の関係を悪化させないためにも中国と韓国はこれまでの姿勢を改め、日本との対談を実現させるべきだと指摘した。両国は対談を拒否することで、軍事化を目指す安倍首相に口実を与えてしまっていると批判した。
ソーシャルメディアやニュースアグリゲーター(まとめサイトも含む)が浸透するに伴い、ネット上で評判の高い記者が執筆する記事にアクセスが集中する傾向が目立ってきた。オンラインサイトを強化していこうとする新聞にとって、サイトへの集客を増やしていくためには、記者の個人ブランドにますます依存することになりそうだ。
ソーシャルメディアで言及される回数は、新聞や雑誌のオールドメディア(伝統メディア)がニューメディア(新興メディア)よりも圧倒的に多い。グローバルにソーシャルメディアをモニタリングしているDigimindが、このように伝統メディア関係者を喜ばせる発表を行った。