nhkrenzokuterebishosetsu

脳科学者の茂木健一郎氏が、NHK連続テレビ小説『花子とアン』(月~土 前8:00)の最終週、最後の3日間(9月25~27日放送の154~156回)に小鳩書房社長・門倉幸之介役で出演する。
吉高由里子が主演するNHK連続テレビ小説「花子とアン」。7月3日放送が関東地区で平均視聴率が25.2%(ビデオリサーチ調べ)を記録するなど視聴率は好調だ。
吉高由里子が主演するNHK連続テレビ小説「花子とアン」。5月09日には、関東地区で平均視聴率24.8%(ビデオリサーチ調べ)を記録するなど、視聴率は好調だ。
第1週の平均視聴率21.6%と好スタートを切ったNHK連続テレビ小説『花子とアン』(毎週月~土 前8:00 総合ほか)に主演する女優の吉高由里子。
女優の杏が主役を務めるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。2014年に入っても、第14週の視聴率も、1月17日に23.9%を記録するなど視聴率は好調だ。
視聴率が好調なNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。第11週の週間平均視聴率は関東地区で24.0%を記録。放送開始から11週連続で視聴率が21%を超え、4週連続で最高記録を更新している。
視聴率が好調なNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。第10週の週間平均視聴率は関東地区で23.4%を記録、放送開始から10週連続で視聴率が21%を超えている。
9月の放送開始から、8週連続で視聴率が21%超えを記録するなど好調を維持しているNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。杏演じるヒロイン・め以子が東出昌大が演じる大阪出身の大学生・西門悠太郎のプロポーズを受けて大阪へ。大阪編で当初、注目を集めていたのが、悠太郎の姉・和枝の嫁イビリだったが、ここに来て悠太郎の存在感が増している。
9月の放送開始から、6週連続で視聴率が20%超えを記録するなど好調を維持しているNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。杏演じるヒロイン・め以子が、東出昌大が演じる大阪出身の大学生・西門悠太郎のプロポーズを受け、第6週から、舞台が大阪に移り、め以子たちの新婚生活が描かれている。この大阪編で注目を集めているのが、悠太郎の姉・和枝だ。
NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」の視聴率が好調だ。第6週(11月4〜9日)の週間の平均視聴率が21.0%を記録。関東地区では、放送開始から6週連続20%超えているという。