nigakitakashi

「A」の続編「A2」以来、単独で作品を世に送り出すのは15年ぶりとなる。
この映画は、何を期待して劇場に足を運ぶかが大変重要になると思う。
音楽家・佐村河内守氏のゴーストライターであることを告白し世間を騒がせた、ピアニストで作曲家の新垣隆。あれから約2年、まさかのバラエティ番組やCMに出演するなど、騒動当初からは想像も出来なかった多角的な活躍を見せている。そんな新垣が、改めて騒動を振り返りながら佐村河内への想いを明かしてくれた。
作曲家として活動していたが、ゴーストライターを使っていた佐村河内守氏(51)の騒動が、映画化されることになった。日刊スポーツなどが報じている。オウム真理教をテーマにしたドキュメンタリー映画『A』のメガホンを取った、森達也監督(58)を起用し、すでに撮影が進められているという。
昨年2月、佐村河内守氏(51)のゴーストライター騒動で時の人となった作曲家の新垣隆氏(44)が、8日放送の読売テレビ・中京テレビ『上沼・高田のクギズケ!』(毎週日曜 前11:40~後0:35※放送日時は地域によって異なる)に初出演。佐村河内氏とのその後の関係からプライベートな話まで、司会の上沼恵美子に鋭く斬りこまれ、大阪収録の番組ならではの“洗礼”に終始タジタジだった。
佐村河内守氏のゴーストライターであった新垣隆氏が、小説家とそのゴーストライターを題材にしたフジテレビ系ドラマ『ゴーストライター』の動画企画で、自身の経験について語っている。
「耳が聞こえない作曲家」として活動していた佐村河内守さんのゴーストライターを務めていた作曲家の新垣隆さんが、「週刊文春」のテーマ曲を手がけていることがわかった。
2014年も早くも折り返し点を過ぎた。ハフィントンポスト日本版で人気を集めた記事を中心に、ネットで話題になった人物をスライドショーにまとめてみた。
この問題の解決するのはかんたんで、すでに一部の本で行なわれているように、"ゴースト"をやめてちゃんとライターの名前をクレジットすればいいだけです。
全聾(ろう)偽装などの問題で佐村河内守氏(50)のゴーストライターを務めていた作曲家の新垣隆氏(43)が、13日夜放送されたフジテレビ系『Mr.サンデー スクープSP』に収録で出演。番組司会の宮根誠司キャスターを自宅に招き入れる形で単独取材に応じ、改めてこれまでの経緯を振り返った。