nijukokuseki

民進党の蓮舫代表は7月18日、日本国籍と台湾国籍との「二重国籍」問題をめぐって、記者会見を開いた。
私たちの社会は「血」こそが忠誠の証明だと、頑なに信じてはいないか。
民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題をめぐり、朝日新聞の社説が「戸籍公開はあしき前例にならないか」と主張したことに対し、産経新聞がと反論した。
有田芳生参院議員は、「戸籍というもっともプライバシーに属することの公開を強いられて、それが一般人へのさらなる攻撃材料になることは目に見えている」として、一般の人々にも悪影響が及ぶ可能性について懸念を表明している。
民進党の蓮舫代表は11日の党執行役員会で、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題について、「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と述べた。
民進党の今井雅人・衆院議員が都議選大敗を受けて、「まずは、蓮舫代表の二重国籍問題を解決することだ」などとTwitterに連続して投稿した。
きっかけは、民進党代表の蓮舫議員が日本と台湾の二つの国籍を持っていると批判された問題でした。
「非常に複雑に錯綜し、私の事実認識、法的な認識、評価が混同していたことが適切な手続きを理解することを妨げていました」(蓮舫氏)