nikkeiamerikajin

日本出身の彼女だが、最近アメリカの市民権を取得したということで、移民を題材としたネタを披露した。
第2次世界大戦下に起きた日系アメリカ人強制収容を軽視しているとして、批判の声が上がっている。
この映画では国や思想、信条に関わらず、大学教授やジャーナリスト、活動家など、あらゆる人々へのインタビューを盛り込んでいる。
「誰もが戒厳令下に置かれ、等しく不当に扱われていました」
「歴史の教訓を無視することはできません」
第2次世界大戦中、多くの日系アメリカ人が収容されてたカリフォルニア州のマンザナ強制収容所。アンセル・アダムスは、この美しい場所に生きる人々の日常の姿をとらえていた。
松本純、鈴木馨祐、牧島かれんの三代議士と一緒に、アメリカ西海岸に出張してきました。ロサンゼルスを中心とした南カリフォルニアとサンフランシスコを中心とした北カリフォルニアの二つの日系アメリカ人コミュニティを訪問するのが目的でした。日系アメリカ人には百五十年近い歴史があります。1868年、「元年者(がんねんもの)」と呼ばれる約150人の日本人がハワイに移民しました。日本から米国への移民の幕開けです。
アロハ、Myハワイ編集長明子です。「ハワイと日本、人々の歴史」シリーズでは、観光地としてのハワイから一歩踏み込み、ハワイと日本をつなぐ人々に焦点をあて、その歴史を掘り下げて紹介しています。