nikkeiheikinkabuka-geraku

その背景には、市場のムードの変化による暴落が更なる暴落を招くメカニズムが働いています。
株価が下落して、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用が悪化したときは、年金の給付額が減額されることがあり得るのか。
13日前場の東京株式市場で、日経平均<.N225>が4月4日以来約2カ月ぶりの安値水準となり、日銀の異次元緩和以降の上昇分をほぼ帳消しにした…
東京株式市場で日経平均は大幅反落。終値は前日比518円安で今年3番目の下げ幅となった。安倍晋三首相が明らかにした成長戦略第3弾に目新しい材料がなく、大引けにかけて下げ幅が拡大する展開だった...
マーケットは安定感を取り戻すことができず、乱高下が止まらない。日本株はいったん自律反発したものの、後場は再び急落。ドル/円や円債先物も大きく上下に振れている。アベノミクス期待が崩れたわけではないが、過熱感を一気に解消するような急落で市場センチメントは大きく傷つき、荒れやすい展開になっている。上昇基調に戻るには効果的な成長戦略など新たな材料が必要との見方が多い...
23日の東京株式市場は、日経平均株価が1100円を超えて急落。朝方は円安を背景に年初来高値を更新していたが、終わってみると13年ぶりの下げ幅を記録する大荒れの一日となった…
東京株式市場で日経平均は大幅反落。下げ幅は1100円超となり安値引けとなった。朝方は円安を背景に年初来高値を連日更新…