nikkeiheikinkabuka

日経平均が一時2万円に乗せたのは2000年4月以来15年ぶり。この2000年とはどういう年だったのか。
過去の傾向からは今の時期に目にする新年度の予想は市場関係者の期待が込められている可能性があることが見えてきました。
年初から2月20日まで、日経平均株価は約1000円上昇しているが、少なくとも13日までの600円分の上昇には海外投資家は寄与していないのである。ではいったい、誰が今の株高を支えているのか。
株価を2倍以上に引き上げた最大の要因はアベノミクスと日銀の金融緩和と言ってよいだろう。これら2つの立役者がもたらした効果を検証し、更なる株価上昇の必要条件を考察する。
日経平均は大幅に反落。節目の1万5000円を割り込み、下落幅は一時前日比390円となった。
マーケットは上昇するときスピードが遅く、下落するときは速いイメージがあるが、実際はどうであろうか。
19日午前の東京市場では、株高が一段と進行している。日経平均は5月以来の1万5800円台を回復。ドル/円は104円台前半だ。
前場の東京株式市場で日経平均は大幅続伸。一時272円高となり、1万5100円台に乗せた。前日の米ダウ<.DJI>が最高値を更新したうえ、外為市場ではドル/円が100円台を回復...
日経平均<.N225>は約1カ月ぶりに1万4000円を回復した。4営業日で1200円超と4月4日の「異次元緩和」導入当時を超える急ピッチの上昇をみせている…
13日前場の東京株式市場で、日経平均<.N225>が4月4日以来約2カ月ぶりの安値水準となり、日銀の異次元緩和以降の上昇分をほぼ帳消しにした…