ninchisho

「私たちがほんのちょっと寛容であることで解決する問題もたくさんあるんじゃないか」(小国士朗)
人材の確保とともに、介護現場での省力化が必要となっています。
PRESENTED BY エン・ジャパン
ぜひ知っていただきたいのは、アルツハイマー病とは全く症状の違う「レビー小体型認知症」という病気があること。
「じいちゃんにされてイヤだったことをやらない社会にしよう」それが原点でした。
多くの国が人口高齢化の課題に直面しているが、中国にとって最大の違いは、「先進国になる前に高齢化社会に入ってしまう」ことである。
グリーフは生きていくうえで避けては通れないものですが、それとどう向き合うかは誰も教えてくれなかったように思います。
実は近年、アルツハイマー病治療薬の開発は「連戦連敗」を続けています。
現状は、全て自分自身の思考と選択の結果です。自分の人生に責任を持ち、自分の幸せに責任を持ち、人間力を高めていきたいと思います。
沖縄県内で初めて若年性認知症を公表した大城勝史さんが、インターネットを通じて広く資金を募るクラウドファンディングで、自分の体験を本にする夢に挑んでいる。