ninkahoikuen

女性は3月29日、4月から1歳の長男を預けるはずだった保育所から突然、内定取り消しの電話を受けた...。
竣工後の「検査済証」がないことで、これまで「保育園開設予定物件」はボツになっています。
保育園が急きょ必要だという時に、公園が候補に挙がること事態が大きな誤りだと私は思う。
認可に落ちた私が復職できたのは、出産前から認可外の保育園を予約していたからだ。今、激戦区で保育園を確保するには事前の「保活」が必須だ。
保活は驚くほどのテクニカルな戦術が必要になる。情報収集も欠かせない。作戦を立て、保険をかけたり、制度を熟知して効率的な得点稼ぎに走らざるをえない。
園児の入園募集を始めていたにもかかわらず開園を延期した保育園が話題になっている。子供の声による騒音などを心配した住民から、反対運動が起きたのが原因だという。
低所得者向けの公営住宅で抽選倍率が100倍を超え、希望者が入居できない事態になっています。都営住宅はとりわけ人気が高く、1500戸に4万3000人が応募し(平均倍率28.5倍)、場所によってはさらに倍率が上がるためです。