ninshin

経口中絶薬が未だに承認されていない日本。そんな国に住む女性に、中絶薬を遠隔医療サポートサービスで提供する海外の非営利団体がある。
「出産前から相談する場が少なく、人とも気軽に会えず、1人で不安を抱えてしまう人も多い」。支援を続ける助産師はそう指摘します。
ワタナベさんはメインチャンネルの登録者数71万人の人気だ。
菅首相が少子化対策として打ち上げた「不妊治療の保険適用」。だが、根本的な少子化対策として、不妊治療費は「点」の政策に過ぎないだろう。
アンケートから浮かび上がった、産後育児の孤独な実態。父親の育休取得の「希望実現率」は上昇したが……。
榮倉さんと賀来さんの間には、2017年6月に第1子が誕生している。
このウイカさんの投稿に、多くの女性たちが共感の声が寄せられた。
「世界が、日本が大変な状況の中、産まれるまで発表は控えさせて頂くつもりでした。温かく見守っていただけたら幸いです」
出産時の面会や立ち会い禁止について、感染拡大の観点から「仕方ない」と思いながらも、出産を控えたカップルはやり切れない気持ちでいます。
妊娠初期に私が苦悩したのは、体調不良よりも何よりも、「あなたのためのアドバイス」でした。
検査結果は陰性。背景にはサイパンで蔓延する「出産旅行」がありました。
この年末年始は12月28日から1月5日までの9連休。仕事やお金、住む場所を失った人々にとっては過酷で、長すぎる連休だった。
「状況をコントロールしようとするほど無力感」。そんなとき、どうすれば?
HIVに感染した女性はやがてある男性を好きになった。交際から2週間、いよいよという時を迎え、女性は感染の事実を伝えた。男性の反応に女性はぼろぼろと涙をこぼした。