ninteikodomoen

オミクロン株の流行が始まった2月、全国知事会の要望を受けて「⼀時的に、マスク着⽤を奨める」という方針だったのが、熱中症の危険などから変更されました。
3歳から5歳の保育園枠は比較的空いているため、追加的な整備コストがほとんどかからない、という利点があります。
こども園では、園児はどのように過ごしているのでしょうか?
少子化が進む今、幼稚園・保育園の戦国時代は、これから更に激化していく可能性が高い。しかしこの業界でそういった危機感をもっている人間は少ない。
兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」が定員の1.5倍に当たる児童を受け入れていたとして、同園の認定を県と市が3月中にも取り消す方針を固めた。定員の園児以外に、市に隠して園児を勝手に受け入れるなどしていた。
東京都武蔵野市は29日、吉祥寺で近隣住民の建設反対運動が起きていた私立認可保育所の開設を断念すると発表した。
今後ますます少子化が進行するおそれのある日本にとって、この新制度を最大限効果的に活用しなければ、安心して子どもが育てられる社会の実現から遠ざかってしまうことになる。
やはり注目されているのが「認定こども園」。定員割れが多く発生している幼稚園を、保育園機能を持つこども園に移行させることで、既存の施設を利用しながら待機児童問題にアプローチする一石二鳥の政策です。ところがこちら、多くの報道の通り、迷走が続いています。