nippon

ルッキズムの「呪い」に苦しめられてきた21年間。たくさんの国を旅して気づいたこと。
「気持ちが悪い。人がやることではない」「中国人の顔に泥を塗る行為だ」などと批判が殺到していた
「中国では日本からの支援が一番注目されている。しかし、報道されているのは一部分だけです」(呼びかけ人の段躍中さん)
アメリカ疾病対策センターのチームが乗客の健康状態を確認し、発熱や咳などの症状がある場合は、チャーター機への搭乗を認めないという。
日本政府が情報発信に消極的だとして、「新型コロナウイルスをめぐる状況を悪化させている」と批判するメディアも。
カルロス・ゴーン被告のネガティブキャンペーンは一定の効果を上げている。PR戦略のプロフェッショナル・本田哲也さんに、日本が今後とるべき対応について聞いた。
経済停滞に繋がる “デフレの悪循環”。脱却のカギは「企業が◯◯しないこと」。
会田誠さんは、“少女”は平成の日本を象徴する存在だった、と言う。「この時代、この国で描かれる絵として必然性があるのはどんな絵なのか。そういうことばかり考えて描いてきました」
在中国日本国大使館のキャンペーンに寄せられた批判の声に...「こんな攻撃の仕方は控えるべきだ」